資産運用を検討しているなら不動産投資がイチオシ!

Menu

数万円で挑戦できます

積み木と紙幣

選択肢を知ろう

資産運用をするにあたって不動産投資を選ぶ人も多いです。ただし、不動産投資と一言に言っても、その方法は色々あります。最もオーソドックスな方法は中古ワンルームマンションや1棟アパート等の収益物件を購入して運用するというものです。不動産投資をする多くの人がこの選択肢を選んでおり、初心者でもいきなり1棟アパートを購入しているケースもあります。しかし、不動産投資の初心者には少しハードルが高いのも事実です。そこで、もっと少額で始めることができる手段として上場不動産投資信託があります。上場不動産投資信託は株式市場に上場されており、数万円から数十万円程度で投資をすることができる金融商品です。物件の選別から空室対策まで全てを運用会社が行ってくれるため、投資主はほとんどやることがありません。多くの銘柄が年2回にわたって分配金の支払いをしています。上場不動産投資信託は少額であるうえに全てお任せのスタイルであるので、初心者に適した投資手段ということができます。実物不動産への投資と上場不動産投資信託の中間に位置する手段として、不動産特定共同事業法に基づく運用商品があります。これは複数の投資主で1つの収益物件もしくは複数の収益物件を保有し、収益を分配するというものです。この投資商品も運用会社が一連の管理をしてくれるので初心者でも安心して投資できます。上場不動産投資信託に似ていますが、物件を区分所有するという点が異なります。