資産運用を検討しているなら不動産投資がイチオシ!

Menu

物件を手放すタイミング

マンション

不動産価値を見極める

投資マンションはローリスク・ローリターンの投資と言われることがありますが、売却のタイミングを考えなければ、リターンさえもなくなる恐れがありますので注意しなければなりません。投資マンションによる収益は、経常的に入ってくる家賃収入と、投資マンションを売却した場合に得ることができる売却益になります。しかし、実際には不動産価値は経過年数によって下がっていくのが一般的ですので、予想以上に売却額が低かった場合には家賃収入による収益を足しても購入価格よりも低くなるケースもあります。そのため、投資マンションをどのタイミングで売却するかは非常に重要なポイントになります。一般的には、不動産譲渡に対して所得税がかかるため、5年間は保有しておいた方がいいと言われています。確かに、5年以内に手放した場合には39%の短期譲渡所得が課税されます。一方で、5年を越えれば長期譲渡所得となり税率は20%にまで下がります。しかし、これはあくまで譲渡によって所得を得た場合ですので、不動産価値が下がっている場合には所得は入りませんので気にする必要はありません。むしろ、投資マンションの売却を検討する必要があるのは、空室が目立つようになった場合や高額な修繕費用が必要になった場合など、収益性が落ちてきた場合です。いつまでも投資マンションを所有していても、売却時の価格が下がってしまってはそれまでの家賃収益が無駄になってしまいますので、適切なタイミングで売却を検討する必要があります。