資産運用を検討しているなら不動産投資がイチオシ!

Menu

ファミリー

不動産投資を始めたい

みんなで大家さんを利用すれば、不動産投資を少ない投資額から始めることができます。また、元本割れリスクが非常に低いことが特徴であり、資金流出の心配もありません。初心者でも始めやすい投資法でもあるため、不動産投資なら現在評判となっているみんなで大家さんがおすすめと言えます。

マンション

物件を手放すタイミング

投資マンションによる収益は家賃収入が主になりますが、いつまでも家賃収入が入り続けるわけではありません。そのため、適切なタイミングで売却を検討することが大切です。一般的に不動産価値は低下していきますので、譲渡所得税を考える必要はありませんが、不動産価値が想定以上に下がる前に売却することが大切です。

お金

国外不動産投資の基礎知識

海外不動産投資は、日本の法律ではなくその不動産が所在する国の法律に準拠します。市場慣行も日本ではなくその国の慣行に従う事になるため、海外不動産投資を行うにあたっては、こうした市場慣行や法律の違いについて把握しておく必要があります。

積み木と紙幣

数万円で挑戦できます

資産運用の初心者でも安心して始めることができる不動産投資手段として、上場不動産投資信託や不動産特定共同事業法に基づく投資商品等があります。実物不動産に投資をする前の腕試しとしてチャレンジしてみるとよいです。

部屋

世界的に人気の民泊

airbnbとは世界的に展開する民泊サービスのことです。日本でも副業として行う人が増えていますが、管理業務は様々なものがあるため代行サービスに頼む人も多いです。代行する業務にも差があるので、利用した感じにあわせて選ぶとよいでしょう。

盛り上がりを見せています

模型

少額で挑戦できます

株式市場の盛り上がりが続き、資産運用に興味を持つ人もかなり増えてきました。いろいろな投資商品が登場していますが、リスクを抑えながら安定的に収入を得たいと考えているのであれば、不動産投資をお勧めします。なぜならば、不動産投資の収益源は家賃であり、投資初心者にもわかりやすい仕組みとなっているからです。ちなみに、不動産投資にはいくつかの方法があります。一番イメージしやすいのは中古ワンルームマンションや1棟アパート等を自ら保有して、管理会社に賃貸管理を任せて、家賃収入を得るというものです。しかし、このように収益物件を購入する場合、多額の資金が必要となります。そこで最近人気となっているものが上場不動産投資信託です。上場不動産投資信託は収益物件をパッケージにした金融商品と言えます。出資者は収益物件の所有権を直接保有することができるわけではありませんが、分配金という形で家賃同様の収益を得ることができます。また、複数の収益物件で運用しているため、空室リスクが低く抑えられています。1口当たりの投資額も小さく、数万円で購入できるものもあります。上場不動産投資信託は株式市場で取引されているため、証券口座を開設することで簡単に売買をすることができます。税金も上場株式に準じて課税されるため、基本的に確定申告をすることはありません。もしも、少額から運用を始めたいのであれば、上場不動産投資信託を研究してみるとよいです。また、中には、一棟マンションを相続したけど、売却して現金化したいという人もいるでしょう。そのような場合は、一棟マンションの売買に特化した不動産会社に相談しましょう。そうすれば、買い手がすぐ見つかるはずです。